読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こば旅ログ

月イチ岐阜と長野を往復して温泉入って帰るライダー

バルーンとキャンプと自販機群:2日目 佐久バル編

2日目は4時起床( ³ω³)

f:id:cb400serow_jym:20170506173900j:plain

 朝日が姿を出す少し前くらい。長野地元組との集合は山を下りてしばらく走った先にあるコンビニに5時半ぐらいとなったため、準備をして目覚めのコーヒー&紅茶を飲んだらちょうど朝日が顔を出したところで出発。

 

コンビニで合流して向かった先は、千曲川スポーツ交流広場。

目的は佐久バルーンフェスティバルです。

f:id:cb400serow_jym:20170506181449j:plain

千曲川上流側からどんどん飛んでくる気球たちはとても迫力がありますね。

 

f:id:cb400serow_jym:20170506181819j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506181830j:plain

このバルーンたちはみな会場グラウンドに向かってきて、そのグラウンドに設けられた枠内にある×マークの「ターゲット」へと布に重りをつけたもの、「マーカー」を3つ投げ込み、よりターゲットにマーカーが近いチームが勝ちとなる競技の参戦者たちなのですが、観てるとこれが結構熱くてテンションが上がってしまいます。

これらのやずや、アイリス、中野建設の3つのチームが特にすごくて、ググッと一気にグラウンドへと接近し、すばやく3つのマーカーを投げ込んで颯爽とグラウンドを離れていく姿がとてもかっこよかったですよ!

僕らのいる地上は観客がいる土手から川方面へと流れる風が吹いていました。しかしそれより上は様々な向きの風が吹いていたようで、上昇下降を繰り返して自分の行きたい方向の風の位置を探りつつマーカーをうまく投げられるポイントへと到達するというのが素人目に見ても簡単でないことが明白なほど。

時間が経つにつれ風向きは変化していき、直前にマーカーをうまく投げ込めたチームをトレースするように飛んでもそう簡単には上手くはいかず苦戦する様子に思わず熱中してしまいました・・・。

 

f:id:cb400serow_jym:20170506183727j:plain

中野建設、乗っている選手は1人。地上に補助クルーはいても、マーカーを投げ込むのもバルーンの操作を行うのは1人でした。でも、この選手は勢いよく降下し僕ら観客のすぐ上スレスレを通り抜け、バルーンの操作をしつつ3つのマーカーを間髪入れず投げ込み、すぐにグラウンド付近を離脱しつつ観客に手を振っていきました。クールすぎますよ・・・!

 

さまざまなバルーンが奮闘し、8時半に競技終了。

屋台の並ぶ会場へ移動してイベントを楽しみます。

ホンダ協賛イベントということでホンダの4輪と2輪がちょろっと展示されておりました。2輪はアフリカツインとCRF250Rally。どちらもかっこいいし、特にCRFラリーはもし僕のセローの後を継ぐバイクがあるならこいつになるんじゃねってくらいには好みにドストライクです。

そしてその横にはトライアル車体験なるブースが。ホンダのRTLが展示されており、それに乗って選手たちがやる、ウィリーとジャックナイフの状態を体感できるというものでした。

f:id:cb400serow_jym:20170506190617j:image

f:id:cb400serow_jym:20170506190623j:image

もちろんやりました。

子供に混じって笑顔で列に並ぶ 23歳児(一応大人も割と並んでました)。

 

f:id:cb400serow_jym:20170506215820j:plain

積極的にネタを提供していくモリワキカラーCBR250R乗りのT氏さん トライアル体験に自前のメットとグローブで参加する意気込みである。掲載時に顔隠す手間が省けてありがたい。

f:id:cb400serow_jym:20170506233954j:plain

前回のまるまどまつり記事で偶然の遭遇をしたり、僕のアイコンやHDSステッカーをはじめいろんなのをつくってくれたりしたのもこの方。とても可愛い綺麗な絵を描いております。最近絵を描き始めていろいろ教えてもらっているので絵の先生と勝手に呼ばせてもらっています。豊富なネタの引き出しとその妙なクオリティの高さに定評があると僕の中で話題に。CBRだけでなくカブ90も乗っています。

 

この方ともう一人の長野在住組であるルカさんには割と長野行くたびに遊んでもらってるので、「こいついつも長野来てんな」「どうせまた近いうちに来るんやろ」と思われてます。自分でもそう思う。分かる。

 

f:id:cb400serow_jym:20170506225737j:imagef:id:cb400serow_jym:20170506225743j:imagef:id:cb400serow_jym:20170506225752j:imagef:id:cb400serow_jym:20170506225804j:image

ホンダの全日本選手がトライアルデモをやるということで遊びつつ待機。

ホンダの展示スペースではしゃぐ4人。実に楽しそうです。4枚目なんかは横のちびっ子がめっちゃ凝視してました。シュール極まる

 

 紹介が遅れましたが4人写ってる中で帽子をかぶってヤンキー座りをしてる方がNinja250R乗りのルカさんです。T氏さんとよく一緒に遊んでおります。またデニーズ行ってる・・・。ヤンキー座りは僕のリクエストでやってもらいました。この人たちやたらとノリがいいので撮っててホントに楽しいですね。HDSにぎやかし担当とはルカさん本人の談。同じα6000ユーザーなのでよくα6000はいいぞごっこをしてます。

f:id:cb400serow_jym:20170506233736j:plain

最近KLX125が納車されてあれこれカスタムしてて実に楽しそうです。セロー持ってるけど他人がオフ車買うとちょっとうらやまけしからんってなりますね。

 

 

屋台にあった仮面ライダーのお面にちょっと財布が緩みそうになりつつもなんやかんやして楽しんでいると時間が来たのでトライアルデモのステージ前へ

トライアルデモは8耐で毎年見てたのでかなり楽しみ。トライアルの選手ってこの手のパフォーマンスでやたらサービス精神旺盛ですごく魅せてくれるんですよねー

 かなり枚数撮ってたんですが記事に収め切らないのでいくつかピックアップ。

f:id:cb400serow_jym:20170506231044j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506231043j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506231046j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506231045j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506231048j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506231047j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506231049j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506231050j:plain

パフォーマー小林直樹選手と本多元治選手。

 トライアル選手って軽率にぴょんぴょん飛んでくれますよね。トークで盛り上げつついとも簡単そうに技をサッとこなす彼らですが、本人たちがパフォーマンスをしながら言うように相当な苦労をしているはず。

モーサイでトラ車のスタンディングスティル体験もやったのですが、難しすぎてちっともできませんでした。乗りなれたセローでも完全停止なんて良くてほんの数秒程度しかできません。

 とにかく限られたスペースの中で最大限に迫力のあるアクションを披露するのは感嘆してしまいますね。

 

さて、トライアルを見終えた後はまた買い出しにツルヤに寄りつつキャンプ地へ戻ります。

f:id:cb400serow_jym:20170506234541j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170506235211j:plain

ツルヤ寄ったついでに前日の菜の花畑を思い出して天気がいいのでリベンジをと思い先頭を走っていたやったさんにお願いして寄ってもらいました。電線が写りこんでしまったのが惜しい。

 

2日目は1日の内容が濃密すぎて1つの記事ではおさまりそうにないので、とりあえず佐久バルーンフェスまでで区切って次の記事へと続きます。