読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こば旅ログ

月イチ岐阜と長野を往復して温泉入って帰るライダー

バルーンとキャンプと自販機群:3日目

さてさてついに3日目スタートです。

f:id:cb400serow_jym:20170508213011j:plain

起きて昨夜の星空の余韻を感じつつ来光と青空を堪能。

2日目よりは朝は時間の余裕があるのでのんびり談笑しつつテントの撤収。

テントを片付けるときって、「ああ、もう旅があと少しで終わるんだな」という気持ちでさみしくなりせんか?その旅情に満ちた切なさは心地よくもあるのですが、心底帰りたくないとも思ってしまいます。

 

f:id:cb400serow_jym:20170508213829j:image

撤収が完了して向かった先は浅科の道の駅。

ルカさんと合流して向かうはビーナスライン

富士見台にてT氏さんとも合流します。

 

f:id:cb400serow_jym:20170508214057j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170508214355j:plain

というわけで全員集合ですよ

ぼく「一人だけハーフカウル・・・」

ルカさん「一人だけカワサキ・・・」

ばりおさん「一人だけ片方ミラーがない・・・」

 

f:id:cb400serow_jym:20170508215813j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170508220006j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170508215842j:plain

みてくださいこのアクエリアスみたいな青空にすっきりと抜けた山々

そしてフッジッサーン/^o^\

1日目に来た時よりもさらに鮮やかな景色でした。これだから何度来てもビーナスは飽きないんです。道中たくさんヤエーしました。もしもこのあたりでテンション高めのヤエーをしてきたボルドールが混じったマスツーを見かけていたらそれは僕です。

 

f:id:cb400serow_jym:20170508223131j:imagef:id:cb400serow_jym:20170508223136j:imagef:id:cb400serow_jym:20170508223154j:image

富士見台でたわむれ。

 

f:id:cb400serow_jym:20170508223310j:image

f:id:cb400serow_jym:20170508223509j:imagef:id:cb400serow_jym:20170508223315j:imagef:id:cb400serow_jym:20170508223326j:image

f:id:cb400serow_jym:20170508223407j:image

何気に柵の向こうの歩けるスペースは入ったことが無かったんですけどここから眺めるとまた一味違いますね

 

 

f:id:cb400serow_jym:20170508221105j:plain

そのまま霧の駅へと進み、外の屋台でじゃがバターをいただきます。

ターセルフサービスは大正義ですね。しこたまつけました。

食べながらこの後はどこに行くか話し合い。美ヶ原へのぼるか清里へ行くかで迷いつつ、こいのぼりが上がってるということで清里へ行くことに決定。

 

来た道を戻って国道152号線から299号線、141号線と走り継いで道の駅 南きよさとに到着。

道中かなり長いことワインディングを走り続けましたが、なかなかに濃密でした。道の駅に近くなってきたあたりからかなりひどい渋滞があったこともあり、着いた頃には5人ともクタクタwww

 

f:id:cb400serow_jym:20170513194449j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170513194523j:plain

f:id:cb400serow_jym:20170513194554j:plain

大量のこいのぼり。これを見にやってきたんです。

何匹ものコイが一斉に空を泳いでいる姿は迫力がありますねー

 

 

f:id:cb400serow_jym:20170508224534j:image

この日はちょうどイベントがあったようで、出店のそばを食べました さっぱりしててすぐ食べ終えてしまいました…もっと食べたい

 

f:id:cb400serow_jym:20170508224751j:image

そしてシメは信玄もちソフト!ツーリングといえばアイスと麺類ですよね

信玄餅そのものって感じの食べるのが止まらなくなる、疲れた体に優しい甘さ…たまりませんでした。

 

そしてついに旅は終わりを迎えます。

ここでT氏さんとルカさんとはお別れ。やったさんもこの道の駅を出て少しした所の交差点でお別れ。

一緒に走った友達と帰り道が違って徐々にその人数が減っていくのに強烈な寂しさを感じるのはツーリングあるあるですね… 1人、また1人と違う道へと走り去っていきます。

ばりおさんとは中央道の土岐JCTまではルートが同じなのでそこまでは一緒に走りました。

帰り道も岐阜に入ってからはGWの洗礼だと言わんばかりの渋滞。

ついに土岐JCT、僕は関市方面、ばりおさんは豊田方面。分岐点前でワイルドスピードスカイミッションばりの別れをして帰宅。

 

あれだけ楽しく濃密だった3日間でしたが、あっさりと終わってしまいGWが明けた今も写真を眺め返してはなんとも言えない寂しさに浸っております。

 

きっとまた、みんなで走りたいな。